ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ノロウイルス(感染性胃腸炎)による感染症・食中毒を予防しましょう

 例年、冬季(11~3月)にはノロウイルスによる食中毒が多く発生しています。

ノロウイルスとは

  ノロウイルスは、ウイルスの中でも特に小さく、球状をしたウイルスです。

  食品の中では増えず、感染した人の腸内で増殖します。
 調理従事者の手指を介して汚染された食品を食べた場合や、汚染された貝類を生あるいは
 十分
に加熱せずに食べた場合に発症します。

  また、このウイルスは感染力が強いため、感染者の便や吐物による二次感染も報告されています。

ノロウイルス予防対策

  次のことに注意し、飲食店や食品工場、集団給食施設など食品を取り扱う施設はもとより、家庭においても、
 ノロウイルスの食中毒を防ぎましょう。


 ・ 調理前、作業の変わり目、トイレの後などには必ず手指を十分に洗いましょう。
 ・ 冷蔵庫で生の食材と調理済みの食品等を保管するときは、それぞれ分けて保管しましょう

 ・ まな板、包丁、ふきんなどは、使用のたびによく洗浄、消毒、乾燥し、常に清潔に保ちましょう

    これらの調理器具は、洗剤などを使用し、十分に洗浄した後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で
      浸すように拭く
か、熱湯(85℃以上)で1分以上加熱すること
が有効です。
 ・ ノロウイルスは加熱によって死滅します。加熱する食品は、中心部まで十分に加熱しましょう
 ・ 食品取扱い施設では、従事者の健康状態に常に気を配り、お腹の具合が悪いときなどは、直接食品に
       接触するような作業を控えましょう。



参考資料

※上記の画像をクリックするとPDF版がダウンロードできます。

保健・福祉

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー