ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

道内で発生した高病原性鳥インフルエンザについて

令和2年10月30日、紋別市内で見つかった野鳥のフンから、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

注意点

 下記内容にご留意いただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いいたします。
 <野鳥との接し方について>
  死亡した野鳥など野生動物は、素手で触らないでください。また、同じ場所でたくさんの野鳥などが死亡していたら、雄武町役場産業振興課農務係へ連絡ください。
  日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
  野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。
  特に靴で糞を踏まないように十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
  不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

 関連リンク

環境省「高病原性鳥インフルエンザに関する情報」(外部サイト)
 

お問い合わせ先

産業振興課農務係
電話 0158-84-2121
FAX 0158-84-2844
E-mail:sangyo@town.oumu.hokkaido.jp

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー