ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

自家用マイクロバスの適切な利用について

レンタカーには運転者は付いていません。

 レンタカーと運転手が一体的に提供されるサービス(レンタカー事業者が借受人に対して紹介やあっせんすることも含む)は、いわゆる「白バス」「白タク」と呼ばれる法律に違反する行為ですので、利用しないでください。

 レンタカー会社からは、車を借りること以外(例えば、借りた車両をレンタカー会社の社員等(レンタカー会社が紹介・あっせんする者も含む)が運転するなど)のサービスは受けられません。

 レンタカーを借りた場合には、車を借り受けた利用者自身が運転しなければなりません(※)

※車を借り受けた利用者自身が、自らの意志で他の人に運転を依頼することはできますが、この場合、実際に運転する人の氏名等をあらかじめレンタカー会社へ申告しておく必要があります。

違法な「白バス」「白タク」を利用して事故に遭った場合、保険の適用がないことがあります。

 違法な「白バス」「白タク」を利用して、万が一、事故に遭って負傷した場合、適切な損害賠償がなされず、治療費などの金銭的損害額を利用者自身が全額負担しなければならない可能性もあります。

運転者付きマイクロバスの手配は、国土交通大臣の許可を受けた貸切バス事業者を利用しましょう。

 道路交通法の許可を受けた貸切バス事業者の車両には「緑ナンバー」(※緑地白字又は白地緑字緑外枠)が付いています。

 道路運送法の許可を受けた貸切バス事業者には「領収証」や「運送引受書」(運行の経路、貸切バス事業者の住所・連絡先等、運賃及び料金の額などを記載した書類)などの関係書類を利用者へ交付することが義務づけられており、口約束のみで運行を行うことはありません。

お問い合わせ先

北海道運輸局 北見運輸支局 企画輸送監査担当
TEL 0157-24-7631

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー