ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

交通事故などにあったとき

 交通事故などによる被害者は、本来、加害者から治療費などの損害賠償を受け、傷病の治療をすることになりますが、 加害者がすぐに損害賠償できない場合には、国民健康保険の保険者証を使って、医療機関等を受診することができます。
 ただし、治療費を国民健康保険が一時的に立て替えて支払うことから、必ず届出が必要となります。

届け出に必要なもの

届出者本人と確認できるもの(運転免許証、パスポート、個人番号カード、障害者手帳、在留カードなど)
対象者の個人番号がわかるもの(個人番号カード、番号通知カード)
保険者証
第三者の行為による被害届
事故証明書
同意書
印鑑
被害届のダウンロードはこちらから
療養費の申請書のダウンロードはこちらから 

医療費は加害者負担が原則です

 交通事故に限らず、第三者から傷害を受けた場合、医療費は加害者が負担するのが原則です。したがって、国民健康保険で治療を受けたときの医療費は後日、被害者に代わって加害者に請求することになります。

お問い合わせ先

保健福祉課保険給付係
電話 0158-84-2023
FAX 0158-84-4497
E-mail:hoken@town.oumu.hokkaido.jp

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー