ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

不法投棄は犯罪です。

不法投棄とは

 不法投棄とは、決められた場所以外に「ごみ」を捨てることを言います。車中からタバコ・空き缶・ペットボトルなどのポイ捨て、山林や畑・海浜地等に捨てられる家庭系ごみ・事業系ごみ・産業廃棄物など、さまざまなケースがあり、ごみの大小に関わらず全て不法投棄となります。 

不法投棄をすると

 不法投棄は犯罪です。不法投棄をした場合「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」違反となり、5年以下の懲役もしくは1千万円以下の罰金となります。また、法人が関わった場合には、3億円以下の罰金となります。さらに不法投棄をしようとした未遂行為にも不法投棄同様に罰則適用の対象となります。不法投棄は重大な犯罪であり、絶対にしてはいけません。

私有地への不法投棄

 私道や私有地にごみが不法投棄された場合、町がごみを撤去することができません。不法投棄は犯罪ですが、不法投棄した者が特定できない限り廃棄物を処分するのは、その土地の占有者になってしまいます。不法投棄されたうえ、処理費用も負担しなければならないことに納得がいかない方がほとんどだと思います。しかし、不法投棄をする心無い人がいる限り、このような被害が起こってしまいます。このような被害を防ぐには私有地を管理されている方が適正に管理していただき、不法投棄されない環境作りが大切となります。

町からのお願い

 町では不法投棄されそうな場所を巡回していますが、町民の皆さまのよる監視の目が必要です。そのため、不法投棄をしたと思われる不審な人物・車を見かけた場合は人物の特徴(服装、身長、性別、年齢など)、車の特徴(車種、色、ナンバーなど)について住民生活課環境衛生係または、雄武警察官駐在所に連絡してください。






お問い合わせ先

住民生活課
環境衛生係
TEL 0158-84-2121
雄武警察官駐在所
TEL 0158-84-2744

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー