ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

住宅ローン【フラット35】と雄武町快適住まいづくり促進事業との連携について

 雄武町と独立行政法人住宅金融支援機構は、子育て世帯及び移住世帯の住宅取得を支援することを目的に 「【フラット35】子育て支援型・地域活性化型及び雄武町快適住まいづくり促進事業に係る相互協力に関する協定」 を締結しました。
 このことにより、雄武町快適住まいづくり促進事業を利用する子育て世帯や移住世帯の方が一定の要件を満たした場合、住宅ローン【フラット35】の借入金利が当初5年間0.25%引き下げられます。

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型について

 平成29年度より独立行政法人住宅金融支援機構が開始した、地方公共団体と連携し住宅ローン【フラット35】の金利を引き下げる制度です。

〇制度適用要件について

 雄武町快適住まいづくり促進補助申請者(以下「補助申請者」という。)で、下記のタイプごとにそれぞれの要件を満たした場合、住宅ローン【フラット35】の金利を当初5年間0.25%引き下げます。

 (1)若年子育て世帯の住宅取得

  • 新築住宅又は中古住宅の取得であること
  • 補助金申請時において補助申請者又は配偶者の年齢が40歳未満であること
  • 補助申請者世帯に、補助申請時において中学生以下であるの現に同居し扶養する子があること
  • 雄武町快適住まいづくり促進条例第6条第2項第1号に規定する子供加算を受けること

 (2)子育て世帯・親世帯による同居のための住宅取得

  • 補助申請者を含む三世帯以上の直系親族が同居すること
  • 補助申請者の世帯又は同居する直系親族の世帯に、補助申請時において中学生以下である現に同居し扶養する子があること
  • 住宅の床面積が50㎡以上であること
  • 入居後5年間、居住状況の確認に協力できること

 (3)子育て世帯・親世帯による近居のための住宅取得

  • 補助申請者の世帯と補助申請者の直系親族の世帯が雄武町内のそれぞれ別の住宅に居住すること
  • 補助申請者の世帯又は補助申請者の直系親族の世帯に、補助申請時において中学生以下である現に同居し扶養する子があること
  • 入居後5年間、居住状況の確認に協力できること

 (4)UIJターンによる住宅取得

  • 補助申請者の世帯が雄武町外から雄武町内に移住する世帯であること

〇詳しくは

 雄武町快適住まいづくり促進事業や【フラット35】子育て支援型・地域活性化型の手続きの流れや制度に関する詳細は、以下のリンクをご覧いただくか、役場町有施設整備室建築係までお問い合わせください。
 → 快適な住まいづくりの支援制度について
 → 雄武町版【フラット35】子育て支援型・地域活性化型案内チラシ(PDF形式:  KB)
 → 独立行政法人住宅金融支援機構【フラット35】子育て支援型・地域活性化型ページ(外部リンク)

お問い合わせ先

建設課建築係
電話 0158-84-2121
FAX 0158-84-2844
E-mail:kensetsu@town.oumu.hokkaido.jp

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー