ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

直管LEDランプからの出火にご注意を!!

 東京消防庁管轄内において、平成28年中に直管LEDランプから出火した火災が2件発生しました。
 直管LEDランプと蛍光灯照明器具の組合せを誤って設置したことによる出火で、組合わせが違う状態で使用を続けると、内部の部品に過電圧がかかることや、高周波や過電流が流れ込むことで、部品が過熱し出火することがあります。
 昨今、直管LEDランプが普及し、誰もが手軽に交換できることから、類似火災の増加が懸念されます。
 直管LEDランプを交換する際、蛍光灯照明器具と適合するランプであるかをよく確認してから設置してください。
 ランプの表示が交換前と同じでも、蛍光灯照明器具の仕様によっては適合しない場合がありますので、ご自身で交換する際は、ランプと蛍光灯照明器具の両方を確認してください。
 設置して異常なく点灯した場合でも、必ずしも適合しているとは限らず、設置して数か月後に出火した事例もあります。


詳しくは、日本照明工業会のホームページをご参照ください。
 http://www.jlma.or.jp/

お問い合わせ先

消防雄武支署
電話 0158-84-2052
FAX 0158-84-2900
E-mail:syobo@town.oumu.hokkaido.jp

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー