ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

耕作放棄地対策の実施状況について

雄武町においては、担い手の高齢化や離農の影響で耕作放棄地が増加し、平成24年には再生利用が可能な荒廃農地が323haに達するなど、地域が力を合わせて発生防止や解消に取組むことが喫緊の課題となっていたことから、町や農業委員会、農協等の関係機関が連携し、農地のあっせんなど農地の有効利用を進めてきました。
こうした中、荒廃した耕作放棄地を引き受けて作物生産を行う農業者の再生作業を支援するため、本協議会では、平成25年度から耕作放棄地再生利用緊急対策交付金を活用し、耕作放棄地の解消に取り組んでいます。
本協議会では、平成27年度に耕作放棄地再生利用緊急対策の経営展開メニューに取り組み、実証圃場の設置等を行いましたので、経営展開メニューの実績及びこれまでの耕作放棄地対策の実績について、お知らせします。



  耕作放棄地再生利用緊急対策事業実証圃場報告書(経営展開)

      (参考資料)地域資源を活用した六次産業化による新商品開発報告書



  耕作放棄地対策の実績



お問い合わせ先

雄武町耕作放棄地対策協議会
(事務局:雄武町役場産業振興課農務係)
電話:0158-84-2121 Fax:0158-84-2844

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー