ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ジェネリック医薬品

「ジェネリック医薬品」とは?

 医療機関で処方される薬には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。新薬は、多くの費用や時間をかけて開発され、効き目や安全性が実証されて初めて医薬品として認められます。
 この新薬には、製造や販売の特許期間が設けられていますが、この特許期間が切れた後に新薬と同じ成分でつくられる薬のことを「ジェネリック医薬品」といいます。

効き目・安全性・価格について

 ジェネリック医薬品は、効き目や安全性が実証されている薬と同じ成分であり、厚生労働省の基準をクリアした薬です。
 ただし、同じ有効成分を使用していてもメーカーごとに添加剤などの成分が異なることがあり、体質にあわないこともあります。
 費用や時間をかけずに開発することができるので、一般的に新薬よりも安くなります。

どのくらい安くなるの?

 ジェネリック医薬品は、複数のメーカーがつくっており、メーカーごとに価格も異なりますが、およそ3割から5割程度負担が減る場合があります。

どうすればジェネリック医薬品を処方してもらえるの?

ジェネリック医薬品を希望される場合は、診察時にお医者さんに「希望すること」を伝えてください。ただし、お医者さんの判断により、ジェネリック医薬品が処方できない場合もあります。

※ジェネリック医薬品が開発されていない場合や、在庫が無いため取り寄せるのに時間がかかる場合があります。
 

お問い合わせ先

保健福祉課保険給付係
電話 0158-84-2023
FAX 0158-84-4497
E-mail:hoken@town.oumu.hokkaido.jp

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー