ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

限度額適用認定証

限度額適用認定証について

  69歳以下の方、70~74歳の低所得者区分I・IIの方は、「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示することにより、医療機関に支払う自己負担額(保険診療外の費用や食事代等を除く)が一定の額(自己負担限度額)までとなります。

※住民税非課税世帯の方には入院中の食事代等の減額認定を兼ねた「限度額適用・標準負担額減額認定証」を発行します。

対象者

・69歳以下の方
・70~74歳の低所得区分I・IIの方

※70~74歳の現役並み所得者と一般の方は、「高齢受給者証」を医療機関に提示するだけで、自己負担限度額までの支払いとなるため、「限度額適用認定証」の申請は必要ありません。
※国保税に滞納があると、「限度額適用認定証」を交付できない場合があります。

申請手続き

 次のものをお持ちになり、雄武町役場保健福祉課保険給付係の窓口で申請してください。

・保険証
・高齢受給者証(70~74歳の方)
・印鑑
・個人番号カードまたは通知カード
・本人確認書類

※有効期限は、申請した月の初日から毎年7月末日までです。引き続き必要な方は、再度申請してください。 

69歳以下の方の自己負担限度額

自己負担限度額

世 帯 区 分 自 己 負 担 限 度 額 多 数 該 当
上 位 所 得 者 252,600円+(医療費総額-842,000円)×1% 140,100円
167,400円+(医療費総額-558,000円)×1%  93,000円
一  般  80,100円+(医療費総額-267,000円)×1%  44,400円
57,600円
低 所 得 者 35,400円  24,600円

上位所得者
 ア 各加入者の所得から33万円を差し引いた金額の合計が901万円を超える世帯
 イ 各加入者の所得から33万円を差し引いた金額の合計が600万円超~901万円以下の世帯
一般
 ウ 各加入者の所得から33万円を差し引いた金額の合計が210万円超~600万円以下の世帯
 エ 各加入者の所得から33万円を差し引いた金額の合計が210万円以下の世帯
低所得者
 オ 世帯全員が住民税非課税の世帯 

※高額療養費として払い戻しを受けた月数が1年間(直近12ヵ月間)で3月以上あったときは、4月目(4回目)から自己負担限度額がさらに引き下げられます。

70~74歳の方の自己負担限度額

自己負担限度額

世 帯 区 分 自 己 負 担 限 度 額 多 数 該 当
通院(個人単位) 通院+入院(世帯単位)
現役並み所得者 44,400円 80,100円+(医療費総額-267,000円)×1% 44,400円
一  般 12,000円 44,400円 変更なし
住民税
非課税
低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 15,000円

現役並み所得者
 住民税の課税所得が145万円以上である70歳以上の国保加入者がいる世帯
一般
 現役並み所得者・低所得者Ⅰ・低所得者Ⅱ以外の住民税課税世帯
住民税非課税
 低所得者II   世帯全員が住民税非課税の世帯
 低所得者I  世帯全員が住民税非課税で、かつ、公的年金等控除を80万円として計算した場合の世帯全員の所得が
        0円の世帯

 ※高額療養費として払い戻しを受けた月数が1年間(直近12ヵ月間)で3月以上あったときは、4月目(4回目)から自己負担限度額がさらに引き下げられます。


お問い合わせ先

保健福祉課保険給付係
電話 0158-84-2023
FAX 0158-84-4497
E-mail:hoken@town.oumu.hokkaido.jp

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー