ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

国民健康保険の窓口負担

自己負担割合について

  国保被保険者の方が医療機関にかかったとき、医療費の一部を医療機関の窓口でお支払いいただきます。負担割合は、年齢と所得によって異なります。
 なお、70歳になられた方には、高齢受給者証を郵送しています。被保険者証とあわせて、ご提示ください。


区分

一部負担金の割合

小学校入学前

2

小学校入学後から70歳未満

3

70歳以上75歳未満

 

 

所得区分が現役並み所得者

31

所得区分が「一般」または「区分I」または「区分II

昭和1941日以前生まれの方

1

昭和1942日以降生まれの方

2










1 次の方は、申請により所得区分「一般」同様になります。

70歳以上75歳未満の
国保の加入人数(世帯内)

課税所得※2

1

年収383万円未満

世帯内で国保から後期高齢者医療制度へ移行した人を含めて合計年収が520万円未満

2人以上

収入の合計が520万円未満

2 課税所得とは、収入から公的年金等控除、必要経費、基礎控除、給与所得控除等の地方税法上の控除金額(扶養控除廃止に伴う調整控除を含む)を差し引いた後の額です。

医療費の自己負担限度額(月額)

 1か月の医療費の自己負担額が自己負担限度額を超えた場合、超えた額が高額療養費として支給されます。
 医療費が高額になるときは、入院・外来どちらの場合でも限度額証を提示すれば、窓口負担は限度額までとなります。保険給付係窓口で交付を申請してください。
 70歳未満の方の自己負担限度額について、平成271月から区分が細分化し、次のように変更となりますので、ご承知おきください。

70歳未満の方
☆平成
271月に制度が見直しされました。(詳しくはこちら

区分

限度額(3回目まで)

限度額(4回目以降)

基準総所得額※3

901万円超

252,600
(842,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算)

140,100

基準総所得額※3

600万円~901万円以下

167,400
(558,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算)

93,000

基準総所得額※3

210万円~600万円以下

80,100
(267,000円を超えた場合は超えた分の1%を加算)

44,400

基準総所得額※3

210万円以下

57,600

44,400

住民税非課税世帯

35,400

24,600

※3 基準総所得額=前年の総所得金額等-基礎控除額[33万円]

 

70歳以上75歳未満の方

所得区分

外来(個人単位)

外来+入院(世帯単位)

現役並み所得者

44,400

80,100

(267,000円を超えた場合は、超えた分の1%を加算)

一般

12,000

44,400

区分II

8,000

24,600

区分I

8,000

15,000

■区分II、区分Iの方には、限度額証を発行しています。詳しくは保険給付係にお問い合わせください。

入院時の食事代(一食あたりの標準負担額)

 入院したときの食事代は、診療や薬にかかる費用とは別に、下記の標準負担額を自己負担し、残りは国保が負担します。

所得区分

食費(1食につき)

一般(下記以外の方)

260

区分II

90日までの入院

210

90日を超える入院(過去12か月間の入院日数)

160

区分I

100


■区分II、区分Iの方には、限度額証を発行しています。詳しくは保険給付係にお問い合わせください。 

療養病床に入院したときの食費・居住費(65歳以上)

 65歳以上の人が療養病床に入院したときは、食費と居住費として定められた標準負担額を自己負担します。

65歳以上70歳未満の方

所得区分

食費(1食につき)

居住費(1日につき)

上位所得者

一般

460

(一部医療機関では420)

320

住民税非課税世帯

210

 ■住民税非課税世帯の方には、認定証を発行しています。詳しくは保険給付係にお問い合わせください。

 

70歳以上75歳未満の方

所得区分

食費(1食につき)

居住費(1日につき)

現役並み所得者

一般

460

(一部医療機関では420)

320

区分II

210

区分I

130

 ■区分II、区分Iの方には、限度額証を発行しています。詳しくは保険給付係にお問い合わせください。


お問い合わせ先

保健福祉課保険給付係
電話 0158-84-2023
FAX 0158-84-4497

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー