ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

介護保険の概要

介護保険は社会全体で支えあう制度です

 介護保険制度は、高齢社会の介護問題について適切に対応するため、介護を必要とする方を社会全体で支える社会保険制度として平成12年4月に開始されました。
この制度は、加齢に伴う病気などにより介護を必要とする状態になっても、できる限り自立した日常生活を送ることができるよう、必要なサービスを提供し、利用者の方が自らの選択に基づいたサービスを受けられるようにすることを目的としています。

介護保険の対象となる方

 65歳以上の方(第1号被保険者)
  第1号被保険者の方は、介護や日常生活の支援が必要になった場合は町に要介護・要支援認定申請をし、認定された方が介護保険サービスを利用することができます。
 40歳~64歳で医療(健康)保険に加入している方(第2号被保険者)
  第2号被保険者の方は、特定疾病(加齢が原因とされる病気)により介護や日常生活の支援が必要になったときに要介護・要支援認定申請をし、認定された方が介護保険サービスを利用することができます。

介護保険の財源

 介護保険サービスを利用するための費用は、原則としてその1割をサービス利用者が負担し、残りの9割を介護保険で負担します。介護保険の財源は、40歳以上の方に納めていただく保険料と公費(税金)によってまかなわれています。65歳以上(第1号被保険者)の方には費用全体の約21%を、40歳~64歳(第2号被保険者)の方には約29%をそれぞれお支払いいただいています。残りの50%にあたる部分のうち、雄武町が12.5%、北海道が12.5%、国が25%ずつそれぞれ負担しています。
 
 

お問い合わせ先

保健福祉課保険給付係
電話 0158-84-2023
FAX 0158-84-4497
E-mail:hoken@town.oumu.hokkaido.jp

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー