ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

農地利用集積円滑化事業について

農地利用集積円滑化事業とは

農地等の効率的な利用に向け、その集積を促進するため、平成21年12月に施行された改正農地法により創設(農業経営基盤強化促進法に措置)された事業(農地所有者代理事業・農地売買等事業・研修等事業)のことです。
この事業を行う実施主体を農地利用集積円滑化団体といいますが、農地利用集積円滑化団体になることができるのは、市町村、市町村公社、農協、土地改良区、地域担い手育成総合支援協議会等となっております。
本町においては平成24年6月に雄武町農地利用集積円滑化事業規程を定め、町が農地利用集積円滑化団体になっております。

町が行う農地利用集積円滑化事業は次のとおりです。

○農地所有者代理事業
農地の所有者から耕作者を指定しない農地の貸付の同意(白紙委任)を受けて、農地の所有者を代理して、農地の貸付等を行ないます。

※雄武町農地利用集積円滑化事業においては、農地売買等事業・研修等事業は行いません。

お問い合わせ先

産業振興課農務係
℡ 0158-84-2121

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

本文ここまで

ここからフッターメニュー